お問い合わせ・電話予約089-958-8822

文字サイズ

SERVICE

白内障手術

高齢社会に向かう日本において年間約150万件も行われている手術です。
白内障手術(水晶体再建術)は現在外科手術のなかで、もっとも完成度の高い手術であるといわれています。

白内障の症状

加齢性白内障は白髪が出るのと同様年齢によるものです。
水晶体は50歳から濁りがで始め、60歳代の7割、70歳代の8割以上に加齢性白内障所見がみられます。
そのほか、ブドウ膜炎、慢性眼内疾患に伴う併発性白内障、薬物による白内障、全身病に伴う白内障、外傷性白内障などもあります。
白内障の自覚症状として、一番訴えの多いのはかすみ目、見えにくい、まぶしい、ですが、
ときに、ものが二重に見える、または涙がでるなどの症状を訴える患者様もいます。

白内障手術について

白内障の有効な治療法は手術しかありません。また手術の時期については個々の状況によって変わります。
生活環境、職種、趣味、などより、視力に対しての要求が様々です。
一定の基準はありませんが、日常生活に不自由を感じられるなら白内障手術の適応と考えられます。

当院は、多数例の経験をもとに、より安全に、安心して手術をうけていただくため、
最新の機器と最先端の技術によって白内障手術を実施しています。
また、術前準備室から術中、術後リカバリー室まで優雅なBGMが流れる中、
リクライニング式ソファで患者様がリラックスして快適に手術を受けて頂ける環境を提供いたします。

患者様からの、「明るくなった」「よく見える」などのうれしい言葉は、
私たちの最高の喜びとして日々精進していきたいと思います。

イメージ:手術室

手術室

イメージ:リカバリー室

リカバリー室

イメージ:【術前】視力0.5

【術前】視力0.5

イメージ:【術後】眼内レンズ挿入眼 視力1.2

【術後】眼内レンズ挿入眼 視力1.2

TOP