お問い合わせ・電話予約089-958-8822

文字サイズ

SERVICE

緑内障

視神経障害は不可逆性であり、一旦視野欠損が生じると回復しません。
緑内障の診療は、いかに早期発見し、早期治療、現有視野を守るかが重要です。

緑内障について

緑内障とは、眼圧上昇などの原因で視神経が障害され視野(見える範囲)が狭くなり、進行すると失明に至る疾患です。
現在途中失明原因の第2位の病気と言われています。

眼圧は10~21mmHgまでが正常範囲です。
緑内障の発症タイプから急性発作と慢性緑内障があります。
急な眼圧上昇をきたす急性緑内障発作は、50~60mmHg以上にも上がり眼痛、頭痛、吐気を伴います。
点眼点滴処置、またはレーザー虹彩切開術、水晶体摘出術など早急な対処を必要とします。一方慢性緑内障の場合は、自覚症状は殆どありません。
眼科検診で初めて緑内障を指摘され、すでに進行した視野欠損を認めたケースも少なくありません。

イメージ:緑内障について

緑内障の診療で大切なこと

緑内障の診療は、いかに早期発見し、早期治療、現有視野を守るかが重要です。
当院では、最新型網膜光断層計(OCT)を導入しており、視野欠損の出現より極早期の視神経線維層変化を診断することができます。
そして定期的眼底精査、しっかりした眼圧コントロール、視野を守るといった治療方針で緑内障治療に力を入れています。

TOP