お問い合わせ・電話予約089-958-8822

文字サイズ

SERVICE

眼瞼下垂

眼瞼下垂とはまぶたを上げ下げする筋肉がゆるんでしまい、
上まぶたを意識して持ち上げていないと下がってしまう状態です。
当院では多数例の経験から患者様のそれぞれの眼瞼形態を考慮し、最善の治療を提案します。

眼瞼下垂について

眼瞼下垂とはまぶたを上げ下げする「眼瞼挙筋」と呼ばれる筋肉がゆるんでしまい、上まぶたを意識して持ち上げていないと下がってしまう状態です。
先天的もしくは加齢による筋力低下が原因で、コンタクトレンズの長期使用、眼の手術後でも症状が現れる場合があります。

眼瞼下垂の問題点はまぶたが下がって視野が狭くなるだけでなく、常に顎を上げて(chin up)ものを見るくせがついているため、頭、背部の筋肉の緊張による頭痛、疲労、肩こりなど様々な症状が現れることです。

眼瞼下垂の治療方法について

眼瞼挙筋の力の低下が原因ですのでこの筋肉を短縮させて少しの力でもまぶたを上げられるようにします。これは眼瞼挙筋短縮術といます。
この手術のポイントは黒目を適度に露出させ、自然な目のカーブを作るために挙筋を固定する位置を決定します。
高度な技術を必要とする手術で、熟練した技術と豊富な経験が必要です。

当院では多数例の経験から患者様のそれぞれの眼瞼形態(眼瞼位置、皮膚弛緩程度、左右眼の差など)を考慮し、最善の治療を提案します。
また、最新高周波メス、CO2レーザー手術機器を導入しており、皮膚切開から最小限の出血、低侵襲手術を目指します。

イメージ:【加齢性眼瞼下垂】挙筋短縮術後1週間、抜糸前

【加齢性眼瞼下垂】
挙筋短縮術後1週間、抜糸前

イメージ:【コンタクトレンズ使用による眼瞼下垂】挙筋短縮術後1か月

【コンタクトレンズ使用による眼瞼下垂】
挙筋短縮術後1か月

イメージ:【内眼術後、加齢性下垂】挙筋短縮術後1か月

【内眼術後、加齢性下垂】
挙筋短縮術後1か月

※写真掲載は患者様の同意を得ております。

TOP