お問い合わせ・電話予約089-958-8822

文字サイズ

SERVICE

多焦点眼内レンズ手術

通常単焦点眼内レンズ使用の場合は術後近用もしくは遠用メガネ着用の必要があります。
多焦点眼内レンズ使用によって術後は遠くも近くも見え、メガネなしで生活できる確率が高くなります。

多焦点眼内レンズ白内障手術について

当院は、厚生労働省の多焦点眼内レンズ使用白内障手術の先進医療施設に認定以来、県内有数のトップレベル手術件数を行う施設にまで成長しました。また愛媛県内では初めて3焦点眼内レンズを導入し、豊富な種類の眼内レンズを用いて手術経験を積み上げてきました。

当院の多焦点眼内レンズ白内障手術はすべてレーザーで行われています。はなみずき眼科では、四国初の厚生労働省認可の白内障手術専用レーザー装置、CATALYSプレシジョンレーザーを導入しています。術前の周到な検査から術中精密な計測まで最新鋭の機器を駆使し、科学的な術後データ解析により患者様の眼にピッタリ合う眼内レンズを提案します。

イメージ:【単焦点】遠くの棚にある商品は見えますが、目の前にある買い物リストは読めません。

【単焦点】
遠くの棚にある商品は見えますが、目の前にある買い物リストは読めません。

イメージ:【多焦点】 遠くも近くも見えます。

【多焦点】
遠くも近くも見えます。

選定療養について

2020年4月より術後多焦点眼内レンズを使用する白内障手術は、厚生労働省が定める選定療養の対象となりました。
選定療養とは、手術代は保険診療ですが、患者さんご自身が選択して受ける追加的な医療サービス(多焦点レンズ代)は自己負担となります。

新しいプレミアム多焦点眼内レンズ(自費診療)について

多焦点眼内レンズ手術も日々進化しています。当院では、現在国内承認された多焦点眼内レンズによる選定医療のほか、国内未承認ですが、ヨーロッパでは既に承認され、高い評価を受けている最新型プレミアム多焦点眼内レンズを導入しています。

新しいタイプのプレミアム多焦点レンズは、Finevision Trumf(ベルギー製、EDOF3焦点、当院は2016年に愛媛県初Finevision導入)、Miniwell Ready(イタリア製、EDOF)、Intensity(イスラエル製、5焦点)などがあります。

より自然な見え方を希望される方は是非ご相談下さい。

TOP