お問い合わせ・電話予約089-958-8822

文字サイズ

SERVICE

レーザー白内障手術

コンピューター制御されたレーザー装置を使用し、角膜切開、前嚢切開の作成と、
核の分割を行うことで、従来より低侵襲、正確で安全な手術です。

最新レーザー白内障手術、フラックス(FLACS)とは

従来の白内障手術は、術者が自分の手で角膜を切開し(角膜切開)、水晶体の前嚢部分を丸く切り取り(前嚢切開)、超音波乳化吸引装置を用いて濁った核を取り除き(核の乳化吸引)、眼内レンズを挿入していました。

フラックス(FLACS)は、コンピューター制御されたレーザー装置を使用し、角膜切開、前嚢切開の作成と、核の分割を行うことで、より低侵襲、正確で安全な手術が可能となりました。

手術をご希望の方は、適応などについて診察時に担当医にご相談ください。

イメージ:フラックス(FLACS)とは
イメージ:カタリス プリシジョンレーザー(CATALYS)

四国初導入!
カタリス プリシジョンレーザー(CATALYS) 厚生労働省認可の白内障手術専用のレーザー装置

高精度の3次元フルボリュームOCTを搭載し、前眼部の状態をリアルタイムで把握することで、正確なレーザー照射を実現します。

従来の白内障手術との違いについて

狙った位置に正確な形状の角膜切開を作成

術者の手によって作成される前嚢切開は、作成位置や形状が理想通りにならない場合があります。しかしカタリスは、狙った位置に作成したい形状の前嚢切開を作成することができますので、より正確で安全な治療ができます。

また、人間の手では作成が難しい角度の切開も作成できますので、創口の閉鎖がより良くなることが期待できます。

イメージ:前嚢切開マニュアルとレーザー比較

【前嚢切開マニュアルとレーザー比較】
レーザー切開した水晶体前嚢は正円で、術後
眼内レンズの安定性が高いと思われる。

レーザーで核を分割することで、眼の負担を軽減する

レーザーで核を分割することで、核を取り除く際の超音波使用量を大幅に減らし、角膜内皮など眼内組織への負担を軽減することで、より安全性の高い手術を実現します。

イメージ:レーザー白内障手術(FLACS)の実際

レーザー白内障手術(FLACS)の実際

TOP