お問い合わせ・電話予約089-958-8822

文字サイズ

SERVICE

iLASIK(アイレーシック)

メガネやコンタクトレンズでは矯正できない個々の眼の細かな歪み「高次収差」も矯正することで、
「見え方」の質にこだわったオーダーメイドの近視矯正が「 iLASIK(アイレーシック)」です。
当院では厚生労働省から認可を受けたAMO社のシステムを採用し、四国で唯一「iLASIK」を実施する施設です。

最高峰の視力矯正手術 iLASIKとは

従来のレーシックは、単に視力検査を基にしたレーザー照射がされていましたが、視力検査では角膜や水晶体の細かい歪みの測定ができないため、それらの矯正はできませんでした。

iLASIKでは、視力検査結果に加え、個々の眼の細かな歪みをiDesignによって精密に解析し、そのデータを基にレーザー照射を実施することで、一人一人に最適なオーダーメイドでの治療が可能です。

イメージ:iLASIK 公式サイトはこちら
iLASIK 公式サイトはこちら

イメージ:iLASIK
イメージ:NASAと米国国防省に認められたレーシック

NASAと米国国防省に認められたレーシック

iLASIKは、今までレーシックを受けることが認められていなかったパイロットや宇宙飛行士も受けることができる唯一のレーシックです。
高い安全性と見え方の質の高さが研究によって証明されております。

手術について

眼を解析し、オーダーメイドの治療プランを作成する

AMO社製の最新機器「iDesign2.0 Refractive Studio」を使用しております。
測定されたデータはフーリエ解析という高度な方法で解析を行い、一人一人に合わせたオーダーメイドの治療プログラムを作成します。

イメージ:iDesign2.0 Refractive Studio

手術の流れ

イメージ:手術の流れ1

ベッドに横になり、
麻酔薬を点眼します。

イメージ:手術の流れ2

フェムトセカンドレーザーで、
フラップを生成します。
照射時間は、片眼約15秒です。

イメージ:手術の流れ3

フラップをめくります。

イメージ:手術の流れ4

エキシマレーザーを照射し、角膜を削ります。照射時間は矯正度数によって変わります。

イメージ:手術の流れ5

フラップを戻して、
角膜をきれいに整えます。

イメージ:手術の流れ6

フラップを自然に定着させます。
診察後、回復室で約10分間休憩を取って終了です。

治療対象疾患

近視、遠視、乱視のほか、白内障術後屈折誤差、円錐角膜(ICRSリング)、顆粒状角膜変性症、帯状角膜変性症など
手術の適応については主治医にご相談下さい。

イメージ:治療対象疾患

術前入念にデータ確認

イメージ:治療対象疾患

アイレーシックの実際

TOP