お問い合わせ・電話予約089-958-8822

文字サイズ

SERVICE

iLASIK(アイレーシック)

メガネやコンタクトレンズでは矯正できない個々の眼の細かな歪み「高次収差」も矯正することで、
「見え方」の質にこだわったオーダーメイドの近視矯正が「 iLASIK(アイレーシック)」です。
当院では厚生労働省から認可を受けたAMO社のシステムを採用し、四国で唯一「iLASIK」を実施する施設です。

最高峰の視力矯正手術 iLASIKとは

従来のレーシックは、単に視力検査を基にしたレーザー照射がされていましたが、視力検査では角膜や水晶体の細かい歪みの測定ができないため、それらの矯正はできませんでした。

iLASIKでは、視力検査結果に加え、個々の眼の細かな歪みをiDesignによって精密に解析し、そのデータを基にレーザー照射を実施することで、一人一人に最適なオーダーメイドでの治療が可能です。

イメージ:iLASIK 公式サイトはこちら
iLASIK 公式サイトはこちら

イメージ:iLASIK
イメージ:NASAと米国国防省に認められたレーシック

NASAと米国国防省に認められたレーシック

iLASIKは、今までレーシックを受けることが認められていなかったパイロットや宇宙飛行士も受けることができる唯一のレーシックです。
高い安全性と見え方の質の高さが研究によって証明されております。

手術について

眼を解析し、オーダーメイドの治療プランを作成する

AMO社製の最新機器「iDesign2.0 Refractive Studio」を使用しております。
測定されたデータはフーリエ解析という高度な方法で解析を行い、一人一人に合わせたオーダーメイドの治療プログラムを作成します。

イメージ:iDesign2.0 Refractive Studio

手術の流れ

イメージ:手術の流れ1

ベッドに横になり、
麻酔薬を点眼します。

イメージ:手術の流れ2

フェムトセカンドレーザーで、
フラップを生成します。
照射時間は、片眼約15秒です。

イメージ:手術の流れ3

フラップをめくります。

イメージ:手術の流れ4

エキシマレーザーを照射し、角膜を削ります。照射時間は矯正度数によって変わります。

イメージ:手術の流れ5

フラップを戻して、
角膜をきれいに整えます。

イメージ:手術の流れ6

フラップを自然に定着させます。
診察後、回復室で約10分間休憩を取って終了です。

治療対象疾患

近視、遠視、乱視のほか、白内障術後屈折誤差、円錐角膜(ICRSリング)、顆粒状角膜変性症、帯状角膜変性症など
手術の適応については主治医にご相談下さい。

イメージ:治療対象疾患

術前入念にデータ確認

イメージ:治療対象疾患

アイレーシックの様子

学生割、職業割のご案内

当院は、iLASIK(アイレーシック)技術を四国初導入しております。
以前のコンベンショナルレーザーと違って、患者様の一人ひとりの目に合った全眼球の屈折矯正を行い、オーダーメイドの近視矯正手術を実現します。

学生割

社会人になる学生さんを応援します

今のうちにアイレーシックを受けて、学生生活をより楽しみませんか?
裸眼で過ごせる解放感を手に入れ、社会へ!

イメージ:iLASIK学生割

職業割

市民を守る職業の割引制度を導入

警察官・消防士・自衛官の方々は、過酷な環境でコンタクトレンズ使用による眼障害や眼鏡の不便による仕事上のデメリットもあります。
裸眼で良い視力を手に入れられるアイレーシック治療を提供します。

イメージ:iLASIK職業割
割引 対象 費用(税抜)※
学割 対象18才以上の学生(大学院生、大学生、短大生、専門学校生) 費用(税抜)※片眼 13万円
両眼 22万円
職業割 対象自衛官・消防士・警察官 費用(税抜)※片眼 13万円
両眼 22万円
通常 対象上記以外一般の方 費用(税抜)※片眼 15万円
両眼 28万円
  • 費用は、術前後の精密検査、手術費および術後1年分の検査、診察および投薬代を含めます。
  • 他の割引制度・キャンペーンとの併用不可。学生証や在職証明書など提出は必要です。
  • 手術適応については診察時主治医の判断になります。
TOP